トイレトレーニング 1歳児

1歳児のトイレトレーニング

1歳という年齢はとても微妙な段階で、トイレトレーニングを開始するには少し早いかもしれませんが、親の言っている事を理解できない事もないので、トイレトレーニングはできるでしょう。
しかし、1歳前半はまだ膀胱が未熟なので、根気と我慢がトイレトレーニングに必要となってきます。

1歳前半の子供に対してのトイレトレーニングの方法を説明していきましょう。

まずは、おしっこをする事を意識させ、おしっこをすると気持ち良い事を根気良く教えていきます。
まだ理解力が乏しいところもありますが、粘り強く何度も説明していると理解できるでしょう。
トイレ=おしっこ=気持ち良い事が理解していそうなら、楽しいイメージも作ってあげましょう。
トイレトレーニングの絵本やテレビを見せる事で理解力がグンとアップするのが1歳児です。
おしっこをしたいという事を人形やぬいぐるみでママに伝えるように、トレーニングすると楽しくトイレができるので成功率がアップします。
1歳のトイレトレーニングはおまるを使用すると効率がアップします。
最初は乗り物みたいな感覚でおもちゃのように座らせ、次におしっこの出そうな時間帯を狙いオムツを外して座らせます。
そこでたまたま出たら、たくさんほめてあげましょう。
頻繁におしっこが出る1歳児には、おまるがママも子供も楽チンで便利です。

1歳児は最初に説明したとおり、理解力が乏しい事もあるのでなかなか前に進まないと思われます。
しかし、根気強く教えていると必ず理解しトイレトレーニングが成功する年齢でもありますので大丈夫です。
ただ、働いているママや年子の妹や弟がいるママは日々のお世話が大変でしょうから、焦る事はせずに2歳になってからトイレトレーニングをしても十分間に合います。

こちらでは、1歳児のトイレトレーニングのアドバイスをご紹介しています。 1歳前半はまだ膀胱が未熟なので、根気と我慢が必要になってきますが、根気強く教えれば成功する年齢でもあります。