トイレトレーニング 体験談 初期

トイレトレーニング初期の体験談

私の体験談になりますが、トイレトレーニング初期の事を振り返ってみますので、参考にしてください。
私の娘は2歳の誕生日前にトイレトレーニングを開始しました。
2週間で昼間のトイレトレーニングはマスターしましたので参考にしてください。

まずは、トイレとは何をするところかや、おしっことは何かを教える事にしました。
購入してきたおまるに、またがらせて『ここでちぃするんだよ』と言葉で教え続けましたが、2歳前の娘には当然理解出来ていない様子だったので身体で覚えてもらおうとしました。

そうです、いきなりトレーニングパンツを履かせたのです。
おしっこの間隔も2時間以上あいているのかどうかのチェックもしたかったのです。
パンツを履かせて、初めておしっこをジャーと漏らした潔癖症な娘は気持ち悪がり『ギャー』と大泣きです。
何回か繰り返していると、おしっこに誘うタイミングがわかってきます。
何となくですが、おしっこが出る時間帯になると、おまるにまたがせるようにしました。
すると1日目にして、おしっこをおまるにしてくれたのです。
私は、大げさな程『やったね。トイレでおしっこしたら気持ちいいね』と褒めちぎりました。
娘は褒められるの大好きなので、とても喜びおまるから離れずまたおしっこをしようとしていました。
こんな感じのトイレトレーニング初期でした。
何もかもスムーズでした。
しかし、うんちだけはやはり最初はパンツにもらしていました。
うんちの方が簡単といわれていますが、うちの娘にはうんちの方が難しかったみたいです。

我が家のトイレトレーニングはこんな感じで始まりましたが、その子の性格や理解力、興味のあるものなどによって大きくトイレトレーニングのやり方が変わってきますので、その子に合ったトイレトレーニングをしてあげましょう。

私が、娘と取り組んだトイレトレーニングの体験談をつづっています。 まずは、トイレトレーニング初期の、トイレトレーニングを始めたばかりのことを書いています。