トイレトレーニング 体験談 完了間近

トイレトレーニング完了間近の体験談

トイレトレーニングも終盤戦になってくると、子供もママも安心しておもらしが増えてしまいがちになりますので、注意しましょう。
例えば、外遊びに夢中になっていたり、楽しい事をしていておしっこをしたいけど我慢している事が多々あると思います。
そこをママが見極めてあげて、トイレに誘ったりマメにしていると完璧でしょう。
外出先でもパンツに挑戦してみるのも大賛成です。
やはり、外出先では緊張したりして外のトイレではなかなかおしっこが出ない時も多いでしょう。
しかし、ママが言葉をかけてあげて優しく接してあげる事だけで子供は安心します。
そして、外出先でのトイレも成功するでしょう。
しかし、まだ完璧ではないので、替えのパンツと着替えを持参するようにしたら良いでしょう。
我が家の娘の場合は上記の事で、トイレトレーニングが中期の頃に逆戻りしそうになりましたが、ママの気遣い1つで一気に完了期はトイレトレーニングが進みます。
また、完了期の子供はなぜか、『おしっこ!!』と言ってきた2秒後にはジャーと出てしまい『何でもっと早く言わないの』という状況をよく目にします。
しかし、我慢する事を知った子供はギリギリまで保とうとしているように思えます。
それも上手に言い聞かせれば完璧になるでしょう。

では、どうすればトイレトレーニングが完了したと言う状況になるのか・・・
その考え方は人それぞれだと思いますが、私の場合は遊びに夢中になっている時に子供自身がおしっこに気づいてすぐにトイレに行っておしっこが漏れずに出せるかどうかだと思っています。
夜のおもらしは、また違う分泌物が成長しないと完了しないので、起きている時に完璧にトイレが出来るようになれば問題はないでしょう。

私が実際に体験した、トイレトレーニングについて書いています。 こちらでは、我が家のトイレトレーニング完了間近の様子をご紹介していますので、どうぞお役立てください。