トイレトレーニング 絵本

絵本

絵本をうまく利用して、遊び感覚でトイレトレーニングができるのでとても魅力的なグッズです。
また、遊び感覚と共に本を読むと言うことは集中力も増します。
トイレトレーニングの準備段階で絵本を読ます事も良いでしょう。
イメージトレーニングに繋がり、本格的にトイレトレーニングをする時にスムーズに進む可能性大ですし、トイレ嫌いにならない確率もアップします。
絵本に興味を持ち出すのは人それぞれですが、だいたい2歳半〜3歳ぐらいでしょうか。
2歳前後は、集中して絵本を見ない子供も多いので、3歳でトイレトレーニングを始める人はオススメなグッズになります。

トイレトレーニングで人気のある絵本を紹介していきましょう。
●パンツぱんくろう
乳幼児や幼児ならほとんどの子供が見ているであろう番組である、『おかあさんといっしょ』の中のキャラクターの絵本なので、子供も馴染みやすいでしょう。
トイレやパンツ、おしっこを楽しみながら覚えていけます。
トイレに興味を持つ事が、この絵本でできてスムーズにトイレトレーニングができたという口コミが多いので、役に立ってくれるでしょう。

●ノンタンおしっこしーしー
ママの世代でも知っているキャラクターであるノンタン。
ともリズム感のある絵本なので、楽しみながら読めますしトイレトレーニングをわかりやすく教えられる絵本となっています。

●ひとりでうんちできるかな
幼児の大人気絵本シリーズを手がけている『きむらゆういち』さんのトイレトレーニングシリーズです。
トイレトレーニングで役立つと、いろんな場所で紹介されている大人気絵本なので信頼性も高いでしょう。
しかけ絵本なので、ページをめくるごとにうんちをしている様子が楽しめるようになっています。
うんちだと思っていたら、おしっこだったり、大きいうんちや小さいうんちがあったりと、子供が興味かつ楽しみを持てる絵本となっています。

トイレトレーニングの絵本を上手く利用すれば、遊び感覚でトイレトレーニングができてとても便利です。 トイレトレーニングで人気のある絵本をご紹介していますので、参考にご覧ください。