トイレトレーニング 開始時期

トイレトレーニングの開始時期

トイレトレーニングの開始時期はその子供の性格や様子、ママの状態(下に生まれたての赤ちゃんがいたり、忙しいなど)によってさまざまですが、大きく分けて3つのポイントがあります。

まず、歩けるかどうかです。
歩けなくては、おまるにまたがったり、トイレの意思表示がしっかりと伝わらない可能性があるからです。

次に、おしっこの間隔が2時間以上あいているかどうかです。
成長するにつれて、子供は膀胱が強くなりおしっこを長時間溜めていられるようになります。
1度おしっこの間隔を観察して、2時間以内でおしっこをしている様子なら、まだトイレトレーニングは早いでしょう。
トイレトレーニングは、子供やママにとって想像以上にストレスが溜まるものです。
30分に1回とか頻繁におしっこをしていると、1日の大半をトレーニングに費やしてママは疲れ、子供もストレスとなりトイレが嫌いになられてしまいますので注意しましょう。
また、冬場の寒い時期はおしっこの感覚が狭くなりますし、厚着をしている事が多いので着替えが大変です。
できれば、おしっこの間隔が長くなりやすく、薄着で過ごせる春〜夏を開始時期とした方が良いでしょう。
最後に、言葉や動作で自分の意思をしっかりと表示できているかどうかです。
言葉は話せなくても、おしっこやうんちをする際に、クセがあったり等の意思表示がしっかりしていれば、ママも察知してスムーズにトイレトレーニングを進める事ができるでしょう。

以上の3項目をクリアしている事が最低条件として、トイレトレーニングを進めていって良いと思われます。

昔の人は、1歳のうちにオムツが取れていて当然という人が多いようですが、今は研究が進められて、赤ちゃんや幼児の膀胱の成長に伴ってトイレトレーニングを始めるのがベストとされています。
膀胱の成長も個人差がありますので、その子に合った時期が必ずありますので、ママがしっかりと見極めてトイレトレーニングを始める時期を決めましょう。

こちらでは、トイレトレーニングの開始時期について説明しています。 年齢ではなく、お子様の性格や様子で開始時期が変わってきます。 どんな時期からトイレトレーニングを始めればよいのか、目安のサインをご紹介。