トイレトレーニング,進め方

トイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングの進め方については、いろんな説があります。
例えば、『ジュースをたくさん飲ませてトイレにたくさん誘う』や、『いきなりパンツにしてオシッコが気持ち悪いという感覚を身につけさす』や『怒ったらダメ』『いや、怒らないとダメ』などその他にもいろいろあります。
しかし、マニュアル通りに進めているとママがイライラしてきたり、子供がトイレ嫌いになったりして、悪循環を伴います。
ですから、トイレトレーニングの進め方をさほど意識しなくても大丈夫です。
その子供に合っている方法で、ゆっくりと進めてあげれば良いでしょう。

そこで、トイレトレーニングの進め方のポイントとして説明していきましょう。
@子供にトイレを意識させる
産まれてきてから子供は、ずっとオムツをつけているので排泄の意味すらわかっていません。
トイレは何をするところかや、おしっこの意識を持たせてあげましょう。

Aトイレに慣れましょう
子供にとってトイレは暗い・寒い・親がいないといった風にマイナスイメージが強いようです。
そこで、トイレは楽しい空間だという事を教えてあげましょう。
子供の大好きなキャラクターを設置してみたりして、トイレの中を工夫してみましょう。

B子供を定期的にトイレに誘う
Aをクリアしれいれば、子供はトイレに嫌がらずに行くでしょう。
最初は、トイレに誘ってもトイレで排泄する感覚がわからず上手にうんちやおしっこをできないと思いますが、何度か誘ううちにタイミングが合い、トイレで排泄できるでしょう。
その時に、トイレで排泄するとスッキリするという感覚を身につけます。

C子供自ら、申告してくる
トイレで自由に排泄できるようになってくると、子供からトイレに行きたいというサインを出してきます。
そうすると、もうトイレトレーニングは最終段階に入っているといっても良いでしょう。

この4つのポイントを少し意識して、子供の様子を見ながらその子に合った進め方でトイレトレーニングを実施していきましょう。

トイレトレーニングの進め方はいろんな説がありますよね。 こちらでは、様々なトイレトレーニングの方法に共通する、トイレトレーニングの進め方のポイントを説明しています。 子供やママの状態で、トレーニングの内容は変わってきますので、マニュアル通りに行かなくてもあせらないでくださいね。