トイレトレーニング 始め方

トイレトレーニングの始め方

まず、始めにおしっこは身体の中から出ている事を教えなければなりません。
いきなり、便座やおまるに座る事から慣れさせて始める人が多いようですが、まずはおしっこは、身体の中から出ているという事を実感させる必要性があります。

例えば、ママと一緒にトイレへ行って、ママのおしっこを見ておしっこの音を聞いて、『おしっこは出る』といった感覚的なものを覚えさせましょう。
その感覚を身につける事で、子供は『ジャーッて音がしておしっこが出てくる』→『このトイレという場所でジャーッとおしっこを出すのか』と、何となくおしっことトイレの共通性を見出してくれます。

その感覚を覚えさせたら、次は遊び感覚で便座に座らせてみたり、おまるにまたがらせてみたりして、おしっこをする格好を覚えさせましょう。
そして、トイレは怖いところではないと頭に植え付ける事から始めても良いでしょう。
トイレに子供の好きなキャラクターのポスターを貼ったり、キャラクターのおまるを購入したりと少し工夫をしてから始めると、子供も嫌がる事なく進んでいくかもしれません。
また、トイレのタイミングをある程度決めておきましょう。
始めの方は、子供も大人もトイレへ行く時間に設定しておくと良いでしょう。
1番効率的なのは、朝起きてすぐです。
朝、子供が目覚めると1番にトイレやオマルに連れて行って、座らせます。
そうすると、自然におしっこが出てくれて子供もその感覚がわかり、スムーズに進むでしょう。
その他のタイミングとしては、食事の前・食事の後・お出かけの前・お出かけの後・お風呂の前・寝る前など、タイミングを設定しておけば、週間にもなりトイレトレーニングの終了間近になっても失敗は少なくなります。

特に、トイレトレーニングの始め方のマニュアルみないなものはありませんが、おしっこの出る感覚と、トイレは楽しいと子供の頭に叩き込むところがポイントになります。

トイレトレーニングの始め方をこちらでご紹介しています。 どうやっておしっこやトイレの感覚を理解してもらうのか、トイレトレーニングの始めの段階をご紹介しています。